blog.designco.jp

CHAMELEON Blog

クリエイティブなアイデアやデザインを紹介しています。
ナショジオ 
ナショジオの写真とコピーが好きだ。


「ハイイログマの子ども」


-ナショナルジオグラフィックより-
ハイイログマ(グリズリー)の子どもの行動は予測がつかない。
興味津々の眼差しでこちらを見ていたと思ったら、何かにおびえて突然逃げ出す。
生後7ヶ月のこの2頭の子グマは、手をつなげば危険が去ると思っているようだ。


ストーリーがついてると写真の見方が変わる。


ナショジオ ハイイログマの子ども
年間ベスト 壁紙ライブラリー

街がきれいに見えるゴミ袋
ニュージーランドのオークランド市が行ったキャンペーン。

ゴミ袋をデザインすることで、街をきれいに見えるようにしたそうだ。




ゴミ袋が変わるだけで景観が変わる。おもしろい試みです。

参考:www.ibelieveinadv.com
『Mobile Patterns』iPhoneアプリのUI参考サイト
iPhoneアプリのUIパターンをまとめているサイトをご紹介。

リスト画面やコメント画面など、役割ごとに分けて掲載されているのが便利。

『Mobile Patterns』






デザイン性の良いものを集めているサイトは結構見るけど
こういうUIに特化したものはめずらしい。

アプリ制作をするときに、参考にしてみてください。

参考:100SHIKI

食べられるコップ「Jelloware」
寒天からつくられた、柔らかい「Jelloware」というコップ。
寒天なので、食べることができます。

食器を食べるとは、発想がおもしろい。


コップには味がついてます。左からジンジャーミント、レモンバジル、ローズマリー。






飲み終わったら食べましょう


草の上に捨てても良いみたいです。
海藻エキスが含まれているらしく、草の成長をはぐくむように設計されているそうです。
(ただ、どうやって分解されるんだろう。)

紙コップのようにゴミが出ないぶん、環境によさそう。


参考:toxel.com
美しい車たち
美しい車たちをご紹介。
驚くことに、すべて昔の車です。


1947 Rolls-Royce


1937 Mercedes-Benz 540K


1957 Jaguar XK-SS


1937 Bugatti Type 57S


1953 Porsche 550


1930-1934 Mercedes-Benz Count Trossi SSK


1957-1962 Mercedes 300SL Gullwing


1930 Pierce-Arrow Limousine

車というか、オブジェみたいですね。
クラシックカーは特に曲線が美しいと思います。

こんなに素敵な車たちがなかなか復刻されないのは何故だろうと思ったら、
安全や環境性を考えると、そのまま復刻というのは難しいみたいです。
あとは、作るのにものすごいお金がかかるとか。


参考:luxist |topspeed | arrowvintagecars
フォルクスワーゲン「"楽しさ"が人々の行動をより良く変える」
フォルクスワーゲンが「"楽しさ"が人々の行動をより良く変える」というコンセプトを掲げ、
面白いプロジェクトを展開しています。


■ 捨てたくなるゴミ箱


ゴミを捨てたくなる仕掛けを作ってますね。
楽しいだけでなく、環境に生かされている点も素敵。

使いやすさを重視して作れば、いわゆる普通のゴミ箱になるんでしょうけど、
捨てて欲しいという思いや目的を考えれば、
このようなクリエイティブな仕掛けが必要になるんだと思います。

プロジェクトは他にも、のぼりたくなる階段とか、捨てたくなる空き缶箱などがあります。
こちらから「The Fun Theory」

これらは、フォルクスワーゲンの新しい環境技術「BLUE MOTION TECHNOLOGY
(ブルーモーションテクノロジー)*」によるキャンペーンの一連です。
クリエイティブエージェンシーはDDBストックホルムとのこと。

*ブルーモーションテクノロジーとは、VWが開発した燃料消費とCO2排出量を大幅に低下させるテクノロジー。


参考:フォルクスワーゲン |white-screen.jp | PEACE!
富士山グラス(Fujiyama Glass)
ステキな日本産のグラスをご紹介。
その名も「富士山グラス」。

ビールを注ぐと、雪が積もった富士山のように見えるグラスです。
「注いで完成する」ところがまた良い。





このグラスは、2008年のTokyo Midtown Awardで「水野学賞」に選ばれ、商品化された作品。
(作者は鈴木啓太さん、パッケージデザインは水野学さんのgood design company)

テーマは「日本の新しいおみやげ(Japanese New Souvenir)」。
日本の象徴を表現しつつ、おみやげとして喜ばれるユニークさも備わっているように感じます。
外国の方に喜ばれそうですね。

お値段は、3,776円(税込)。← 富士山の標高と同じ。凝ってます。


参考:Tokyo Midtown Award | sghr
Webデザインアーカイブサイト「siiimple」
Webデザインを集めたポータルサイトは数多くありますが、
その中でも「シンプル」なWebデザインを集めたサイトをご紹介。

siiimple

http://www.siiimple.com/

海外のサイトですがデザインの参考に。
余白の取り方や文字のメリハリの付け方、勉強になりそうなサイトが多く掲載されてます。

レコード盤から作られた時計
レコード盤をカッティングして作られた時計をご紹介。
エストニアのデザイナー、Pavel Sidorenkoさんの作品です。













レコード独特のアナログ感が良い味出してます。

レコード盤をそのまま時計にすると重苦しそうなんですが、
上手くカットすることでお洒落な雰囲気を感じさせます。

他の作品はこちらから


参考:Pavel Sidorenko | toxel.com
Alone In A Crowd Table
日常の生活をミニチュアにして取り込んだテーブルをご紹介。
ロンドンで活躍するデザイナーRolf Sachsの作品です。




1/76のスケールとのこと。




光が当たり影が出来ると、表情が豊かになります。
影だけ見れば人間みたいです。



カップル、乳母車とお母さん、働いている人など、天板の下の住人は511体にも及ぶようです。
「ミニチュア」というだけで惹かれるものがあります。
大人だけでなく、子どもにも喜ばれそうなテーブルですね。


参考:Alone In A Crowd Table by Rolf Sachs | pic
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
原 哲史 Tetsushi hara
Webのディレクション・デザインの仕事をしています。

ご連絡はこちらからどうぞ
LINKS
MOBILE
qrcode
▲このページの先頭へ