blog.designco.jp

CHAMELEON Blog

クリエイティブなアイデアやデザインを紹介しています。
<< evian「Live young」  |  Top page  |  A piece of the world >>
地下鉄のバイオリニスト
「地下鉄のバイオリニスト」という話が興味深かったので、掲載します。
元ネタは「玄のリモ農園ダイアリー」さんのブログです。

ーーーー

一人の男が、ワシントンDCの地下鉄駅構内に立ってバイオリンを弾き始めた。

1月のある寒い朝だった。
彼はバッハの曲を6曲約45分間演奏した。その時間帯はラッシュアワーで、
約1000人がその駅を通った計算だ。ほとんどの人たちは仕事に行くところだった。

3分を過ぎた所で、一人の中年の男性が音楽家が演奏していることに気づいた。
彼は歩くペースを緩め、数秒間立ち止まったが、やがて自分の予定に急いで戻って行った。

1分後、バイオリニストは最初の1ドルのチップを受け取った。
一人の女性が箱にお金を投げ入れ、そして止まることなく歩き続けた。

数分後、壁にもたれて彼の音楽を聴く者がいたが、その男性は腕時計を見てまた歩き始めた。
彼は明らかに仕事に遅れていた。

もっとも注意を払ったのは3歳の男の子だった。彼の母親がその子を引っぱって急ごうとしたが、
その子は立ち止まってバイオリニストを見ていた。
最後に母親が強く押したので、その子どもは何回も振り返りながら歩き続けた。
このような動作が他の何人かの子どもたちによって繰り返された。親たちは、例外なく、
子どもたちを先に急がせた。

その音楽家が演奏した45分間で、わずか6人が立ち止まってしばらくそこにいた。
約20人がお金を彼にあげたが、ペースを緩めることなく歩き続けた。彼は32ドル集めた。
彼が演奏を終えると、辺りは静かになったが、誰もそのことに気づかなかった。
拍手する者はだれもいず、だれも気づかなかった。

誰も知らなかったが、そのバイオリニストは世界の最も優れた音楽家の一人であるジョシュア・ベルだった。彼はこれまで書かれたうちで最も難解とされる曲のひとつを演奏した。
350万ドルの価値あるバイオリンで。

地下鉄で演奏する2日前に催されたジョシュア・ベルのボストンでのコンサートは売り切れていた。
そのチケットは平均で100ドルだった。

これは本当の話だ。地下鉄駅でジョシュア・ベルがお忍びで演奏することを企画したのは、
ワシントンポストで、これは人々の認知、テースト(嗜好)、優先順位についての社会実験のひとつだった。

その企画の概要はこうだった。
ありふれた環境で、都合の悪い時間に、
私たちは美を認知するか?
足を止めてそれを観賞するか?
予想できない状況でも才能を認知するか?


この経験から得られる結論のひとつはこうだろう。

世界最高と言われる音楽家のひとりが最高の作曲と言われる曲を演奏するのに、
一瞬たりとも立ち止まって聴くことをしないのならば、私たちはどれほどのものを
見過ごしているだろうか?



ーーーー

面白い実験です。
駅のような忙しい場では、気にも留まらないのかもしれません。

そもそも、
耳を傾けられる余裕があったとして、自分はこの演奏を聴いたのだろうか。
詳しくない物事で美を認識できるのか、
演奏者の見た目(野球帽にジーンズ姿でゴミ箱の横で演奏していた)で判断し、スルーしてしまわないか。
有名な音楽家だと分かれば、恰好なんかおかまいなしに聴いてしまうんじゃないか。

有名だとか、売れているとか、そういうものを判断の材料にしてはいけないんだけど、
少なからず影響を及ぼしている気がします。

あらためて、自分の判断や感覚を大切にすることが必要だと思いました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
原 哲史 Tetsushi hara
Webのディレクション・デザインの仕事をしています。

ご連絡はこちらからどうぞ
LINKS
MOBILE
qrcode
▲このページの先頭へ