blog.designco.jp

CHAMELEON Blog

クリエイティブなアイデアやデザインを紹介しています。
<< 美しい車たち  |  Top page  |  食べられるコップ「Jelloware」 >>
I was lovin' it (マクドナルドが好きだった)
アメリカのワシントン限定で流れている、マクドナルドを皮肉したCMが話題を呼んでいます。
マクドナルドを食べ過ぎ死んでしまった男性と、その横で悲しむ妻。
そして男性の手には食べかけのハンバーガーが...。



このCMは、医師らで構成される非営利団体『PCRM(Physicians Committee for Responsible
Medicine)』によるもの。
ファーストフードの不健康を活用し、食生活の改善をうながすことを目的としているそうです。
マクドナルドのお馴染みのキャッチフレーズ、"I'm lovin' it"が"I was lovin' it(マクドナルドが好きだった)"と皮肉してるあたりが強烈。
おもしろいアイデアで啓発しているCMだと思いますが、マクドナルドには痛い話です。

アメリカで肥満問題っていうと、ファストフード店に矛先を向けられがちです。
たしかに、ファーストフードの食べ過ぎは肥満になりやすいと聞きますが、
食生活は自分で注意するしかありませんよね。。

マクドナルド側は
「このCMは常軌を逸しており、消費者の誤解を招くおそれがあり、かつ公正ではない」と声明を発表し、怒りをあらわにしているそうです。


参考:Pouch |AFPBB News
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
原 哲史 Tetsushi hara
Webのディレクション・デザインの仕事をしています。

ご連絡はこちらからどうぞ
LINKS
MOBILE
qrcode
▲このページの先頭へ