blog.designco.jp

CHAMELEON Blog

クリエイティブなアイデアやデザインを紹介しています。
クリスマスシール/デンマーク その2


以前ブログに書いたデンマークのクリスマスシール、実物を購入したのでご紹介します。
クリスマスシールとは切手の横に貼るシールで、1904年よりデンマークで始まり、クリスマスシーズンになると毎年(1種)販売されています。
クリスマスシールについて、詳しくは以前の記事をどうぞ。


1962年 デンマークの風景


1962年のデンマークの街や文化が表現されています。
モノの色やカタチが素敵!線の1本1本、よく見ると手書きです。


1969年 子供たちによる天使と神様


子どもたちが書いた天使や神様が柄になっています。
みんな笑顔で羽があってあざやかな色彩。


1970年 クリスマスの為の天の城


城でクリスマスの準備をする天使たちでしょうか。
音楽を練習したり、飾り付けをしたり、忙しそうな様子。


1971年 ベツレヘムの星


ベツレヘムの星とは、キリストが誕生のときに輝いた星。
東方にいる三博士が、その星を見て、ユダヤに王が誕生したと知ったという話があることから、
その様子を描いているそうだ。


1972年 マルグレーテ2世とコンソート王


デンマーク女王、マルグレーテ2世ととコンソート王。
シールになるほど支持があったのでしょう。


1974年 ポストマン


働く郵便局員が描かれています。
必死に配達する様子がかわいらしい。


デンマークのクリスマスシールには、一枚一枚にストーリーがあり遊び心があります。


参考:Christmas Seal of Denmark
Twitterを使ったプロモーション
昨年から増えてきているTwitterを使ったプロモーション、
面白そうなものをいくつかピックアップしてみました。

◆ Twitterの利用状況
3月の富士通総研の調査によれば、
Twitterの認知度は70.2%に達するが、利用者数は8.2%にとどまっている。

また、11月29日のサイバーエージェント子会社のサイバー・バズによると、
ブロガーを中心にしたTwitter利用者は、40%を超えているらしい。
日頃インターネットを触っている人は、twitterを使ってる人が多いってことですね。

それではプロモーション紹介です。

 

Philips VS 140 characters ofgenius
「フィリップス 対 140文字の天才」。
PHILIPS製品の対戦相手を考えてくださいと、Twitterでアイデアを募集するキャンペーン。
140文字以内で企画案を書くか、作った動画や画像のアドレスを載せてもOK。



下記は応募された作品(一部)

【Philips VS Your Nose】






作品が集まると盛り上がるキャンペーンですね。

 

KDDI AUandroid au
クチコミカタログというコンテンツで、Twitterを取り入れたプロモーションを展開してました。
アンドロイドにおいての注目ポイントをつぶやける仕組み。つぶやくまでの見せ方と導線が面白い。



 

KDDI AU「IS Parade
AUのIS seriesのウェブコンテンツ「IS parade」。
Twitter IDを入力すると、自分とフォロワーがパレードするというもの。
ハッピーな感じがやってみたくなるサービス。



スペシャルバージョンとして、ウサインボルト選手verも公開。

 

ほろったー
サントリー「ほろよい」のプロモーション。
ほろったーのサイトを通じて、twitter上で飲み会をやろうというサービス。
ポイントを貯めてアバターのアイテムを増やしたり、有名人を招いたイベントがあったりと、
サイトとしての完成度が高い。



 

◆「Twiike」TwitterとNIKE+のアカウントを同期
「Twiike」でTwitterとNIKE+のアカウントを登録しておくと、
Nike+で集計した一週間のランニング距離を、Twitterユーザー内でランキング表示してくれる。


グラフ表示なんかもしてくれるらしい。情報を共有することで、モチベーションが上がりそう。
ランナーの競争心をそそる面白いサービスですね。

 

「ターミネーター4」
レジスタンス(ターミネーターに登場するマシーンに対する人類の抵抗軍)アカウントを作り、
集結するメッセージをTwitterで呼びかけた。
キャラクターとコミュニケーションをとれるのは新鮮で、twitterならではのアプローチ。
キャラクター系は他にはガチャピンリラックマなんかもありました。



 

◆ UNIQLO LUCKY LINE
最も話題になった「UNIQLO LUCKY LINE」は、ツイッターアカウントを使って、バーチャルで行列に並ぶというもの。並ぶとツイッターアイコンのダウンロード、抽選でクーポンやTシャツが当たる。





ユニクロは他にもこんな展開もしています。
UTweet!
COLOR TWEET!
SPORTWEET


 

これらのプロモーションで共通してることは、
見る人を楽ませる、何度も足を運びたくなる、ということですね。



参考:web-marketing | Project DD | スパイスボックス | カヤック | リセマム | KNN神田のITニュースのツボ!g | Theatrum Mundig | Long Tail World | www.richcontent.jp | 
待ち時間を楽しませる(退屈させない)アイデア
タイの出版社「A book」による、
受付の待ち時間を活用した書籍のプロモーション。

金融機関などで発券された番号札に、新刊書籍の概要をプリントしておくというアイデア。



混む時間帯に銀行に行くと、結構待たされますよね。
そういった待ち時間を逆手にとったプロモーションです。

他のメディアでも展開されてます。
たとえば「食事が運ばれるまでの待ち時間」や「映像のローディング中の時間」。


ほかには「SMSで送られるポスター展開」や「お店での並ぶ時間(床に貼られたポスター)」など。


「待ち時間が発生してしまうシーン」に絞られたプロモーションです。

イライラを逆手にとって
「待ち時間を楽しませる」という発想がいいですね。


参考:code knock
【WWFロシア】撃たれるTシャツ
ロシアのWWF(自然環境保護団体)より、シベリアタイガー柄のTシャツが発売されました。
このTシャツを着て、ショップに設置された特別な鏡の前に立つと、、
銃声が鳴り響き、撃たれる自分が映し出されるんです。

AR効果を使ったシベリアタイガーの反密猟キャンペーンで、
密猟者に撃たれるトラを体感できるようになっています。







TシャツはWebサイト(http://www.lookatme.ru/specials/wwf/)からも購入でき、
ウェブカメラを使うことで、同様の撃たれる効果を再現します。

このキャンペーンは、セレブやSNSを通じて広まり
多くの人に密猟問題を伝えることに成功したそうです。

シベリアタイガーは世界にたった500頭程度しか残っていません。
主な原因は、密猟や違法伐採によるものといわれていて、
今回のキャンペーンでは、密猟に絞ったプロモーションとなっています。
Tシャツの売上げの一部は、シベリアタイガーを救う活動に使われます。

面白いアイデアで集客し、密猟問題を周知させる。さらにTシャツ販売による寄付。
お見事なプロモーションです。


参考:blogtimes
紙のアーティストPeter Callesen(ピーター・コールセン)
デンマークのアーティスト、
Peter Callesen(ピーター・コールセン)の作品をご紹介。
一枚の紙を切り抜いて、作品を作りあげています。

















生と死を感じさせる作品が多い。

これらの作品、たった一枚の紙から生み出していて
切り抜いた紙以上は一切使ってないそうです。

その他の作品はPeter Callesenのサイトからどうぞ。


参考:Peter Callesen
食べられるコップ「Jelloware」
寒天からつくられた、柔らかい「Jelloware」というコップ。
寒天なので、食べることができます。

食器を食べるとは、発想がおもしろい。


コップには味がついてます。左からジンジャーミント、レモンバジル、ローズマリー。






飲み終わったら食べましょう


草の上に捨てても良いみたいです。
海藻エキスが含まれているらしく、草の成長をはぐくむように設計されているそうです。
(ただ、どうやって分解されるんだろう。)

紙コップのようにゴミが出ないぶん、環境によさそう。


参考:toxel.com
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
原 哲史 Tetsushi hara
Webのディレクション・デザインの仕事をしています。

ご連絡はこちらからどうぞ
LINKS
MOBILE
qrcode
▲このページの先頭へ